性行為の妨げになる中折れを防ぐ3つの方法

性行為の妨げになる中折れを防ぐ3つの方法

性行為の途中でペニスが硬さを失って萎えると、中折れの状態が起こりパートナーをがっかりさせてしまいます。困った中折れを防ぐための3つの方法について、まとめてみました。

 

リラックスしてポジティブな精神状態を保つ

 

毎日の生活の中で人間関係に悩んだり仕事でストレスがたまったりしていると、それが気になって性行為に集中できず、途中で中折れを起こしてしまうことがあります。また過去の性行為でうまくいかなかったという失敗の経験が不安や焦りにつながり、中折れにつながることもあるのです。

 

心の奥底にある悩みや不安をできるだけ取り除けるように、ムードを高める音楽をかけたり気に入ったコロンを使ったりして、リラックスできる心地よい環境を作りましょう。二人で適度にお酒を飲んだりして、性行為の時は集中して楽しもうとする気持ちが大切です。

 

血行を促進して中折れを防ぐ

 

勃起は陰茎の内部にある海綿体に、血液が流れ込むことで起こります。ですから勃起力を増して中折れを防止するためには、血液の流れをスムーズにすることを欠かすことができません。メダボリックシンドロームで動脈硬化に陥ると、血液の流れが滞ってしまいます。青魚や納豆などの大豆製品、お酢やヨーグルトなど、血液をサラサラにして血流を良くしてくれる食品を積極的に摂るように心がけましょう。

 

ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、血行を良くしてくれる有酸素運動を、毎日欠かさず30分程度するのもおすすめです。

 

効果が高いED治療薬

 

バイヤグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬には、血管を収縮させて中折れを起こすもとになる体の中の酵素を破壊する成分が含まれています。使用すると全身の血行が良くなるので目の充血や鼻づまり・顔の火照りなどの副作用が起こることもありますが、勃起を持続させる優れた働きを持っており、中折れ防止に効果を発揮してくれるのです。

 

ED治療薬の使用には医師の処方箋が必要になるので、専門の医師に気軽に相談をしてみましょう。